平成26年度税制改正〜非事業者関連〜

★給与所得控除額の上限額の引下げ

控除額の上限が現在の245万円(給与収入1,500万円)から、まず230万円(給与収入1,200万円)へ、続いて220万円(給与収入1,000万円)へ引き下げられます。

適用時期:平成28年分所得税および平成29年分所得税から。

 

★居住用財産

「特定の居住用財産の買換え等の場合の長期譲渡所得の課税の特例」(要件→10年超居住+翌年までに買換え)

「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び3年繰越控除」(要件→損失+買換え)

「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び3年繰越控除」(要件→損失+オーバーローン)

以上がいずれも2年延長されました。

適用時期:平成27年12月31日の譲渡まで。

 

★ゴルフ会員権等の損益通算廃止

ゴルフ会員権やリゾート会員権を譲渡した場合の損失は、給与所得や事業所得と通算できないこととなります。

適用時期:平成26年4月1日以後に行う譲渡から。

※不動産譲渡損失の損益通算は平成16年度に原則廃止されましたが、それから10年の時を経てついにゴルフ会員権の損益通算も廃止されることとなりました。

 

超早わかり税制改正に戻る

▲このページのトップに戻る