令和2年度税制改正〜非事業者関連〜

★ひとり親控除の創設

 

これまでの寡婦(寡夫)控除は、配偶者との離婚・死別が要件とされていました。

 

今回の改正で、生計を一にする子供さえあれば、離婚・死別に加え「未婚」の親でも適用されるひとり親控除が創設されました。

所得控除額は35万円です。

なお、本人の所得金額500万円以下の要件はこれまで通りです。

 

この改正の適用時期:2020年分の所得税から

 

★寡婦(寡夫)控除の見直し

 

配偶者と離婚・死別した場合で、子供がいない場合は、引き続き寡婦(寡夫)控除が適用されます。

但し所得控除額は一律27万円です(特別の寡婦は廃止されました)。

なお、本人の所得金額500万円以下の要件はこれまで通りです。

 

この改正の適用時期:2020年分の所得税から

 

★その他(延長措置等)

 

・特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び3年間繰越控除

(要件→5年超居住+オーバーローン)

・居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び3年間繰越控除

(要件→5年超居住+翌年までに買換え)

・特定の居住用財産の買換え等の場合の長期譲渡所得の課税の特例

(要件→10年超居住+翌年までに買換え)

 

以上がいずれも2021年12月末の譲渡まで、2年間延長されます。

 

超早わかり税制改正に戻る

▲このページのトップに戻る