税理士業務マニュアル/CCS給与計算〜インストール〜

1、インストール

CCS給与計算はエクセルと連動するソフトなので、エクセルがインストールされている

パソコンで使用できます。CDをセットすると自動的にインストールが開始されます。

「次へ」で進んで下さい。

パソコンのエクセルが2010の場合は2010対応版を選択。

許可を求められた場合は「はい」または「許可」をクリック。

インストールが終わるとデスクトップに3つのアイコンが生成されます。

税理士事務所では3つのアイコンすべて使用しますが、お客様側の日常業務では

通常「CCS給与計算」しか使用しませんので、他の2つは削除しても結構です

※CCS給与計算は社会保険料の変更やバージョンアップで年に2〜3回CDが送付されます。

正確な給与計算のためお手数ですが送付の都度、新しいCDをインストールして下さい。

→税理士業務マニュアル トップへ戻る

税理士業務マニュアル/CCS給与計算〜起動からデータの呼出、終了まで〜

2、起動からデータの呼出、終了まで

○起動〜データの呼出

デスクトップのアイコンをダブルクリック。

セキュリティの警告 オプションをクリック。

「このコンテンツを有効にする」を選んでOK。

データ呼出→はい→開きたいデータをダブルクリック。

○終了

画面右上の×をクリック。

「データを保存して終了します」は必ず「はい」をクリック。

※ここで「いいえ」をクリックするとそれまでの入力内容がすべて失われます。ご注意下さい。

→税理士業務マニュアル トップへ戻る

税理士業務マニュアル/CCS給与計算〜データの新規作成〜

3、データの新規作成

※通常、お客様がこの作業を行っていただく必要はございません。

お客様のデータは税理士事務所で作成したうえで担当者がお持ちします。

○まずファイルを作成する

新規作成→はい→会社名入力→保存→OK

○次にメインメニューの会社情報をクリック

名称・所在地等→原則としてすべての項目を入力する。

割増率・端数処理→必要に応じて入力する。

部門名・役職名→部門名は必要に応じて入力する。

役職名は代表取締役、取締役、監査役と入力しておく。

給与・賞与支給日→

※たとえば毎月末日締め、翌月10日払いの事業者の場合は

・給与支給日の1回目が1月10日、2回目が2月10日〜12回目が12月10日

・月分表示は1回目が前年12月分、2回目が当年1月分〜12回目が当年11月分

支給・控除項目→

会社独自の手当などがあれば基本給の下にその名前を入力する。

会社独自の控除項目があれば住民税の下にその名前を入力する。

銀行名・支店名→必要に応じて入力する。

→税理士業務マニュアル トップへ戻る

▲このページのトップに戻る