馬場税理士事務所 | 事務所通信 | 2015年6月号

●☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

☆★☆  馬場税理士事務所 事務所通信 2015年6月号  ☆★☆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆●

 

いつもお世話になっております、馬場税理士事務所です。

事務所通信の2015年6月号をお届けいたします。

 

4月頃から、税理士会や税理士事務所向けソフトメーカーが開催するマイナンバー制度関連の研修やセミナーが増えてきました。

新聞を見ても、連日のように同制度に関する記事・広告が掲載されています。

 

いくつかの研修を受講しましたが、税理士事務所にとってもお客様にとっても、それなりの事務負担が増大することは避けられそうにありません。

決められた制度のなかでどのような工夫をしていくのか、少しでも知恵を絞っていきたいところです。

 

 

【ご案内】源泉所得税の納付について

源泉所得税(役員・従業員皆様の給料から天引きされている所得税)を半年毎の納付にされている場合、今年1月から6月までの合計額を7月10日までに納付していただく必要があります。

6月中旬以降、担当者から順次納付書をお送りしますので、ご多忙中恐れ入りますが7月10日までにお近くの金融機関窓口にてお納め下さい。

なお、歩合給や残業手当などで給料や所得税が毎月変動するお客様については、6月分の給料明細を速やかに担当者までお送り下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

【お願い】御中元等の辞退について

例年夏の季節にはお客様からたいへん結構なお心遣いの品をいただくことがあり、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。

しかしながら日頃のご愛顧のうえにお心遣いまでいただくことは誠に心苦しく、失礼とは存じますが先年より謹んで辞退させていただいておりますので、ご理解の程何とぞお願い申し上げます。

 

 

┃も┃く┃じ┃

┗━┗━┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】平成27年度税制改正について

【2】マイナンバーと年末調整

【3】今月の税金と給料計算…6月・7月はここにご注意下さい

【4】おすすめブックレビュー…経営、家計のヒントやご参考にどうぞ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【1】平成27年度税制改正について

 

税制(税金に関するルール)の改正は毎年一回行われますが、そのスケジュールはだいたい前年の夏に各業界のヒアリングが始まり、年末年始に与党内の議論がピークを迎え、3月に国会で可決されるという長丁場です。

 

但し、今回の平成27年度税制改正については中小事業者に大きな影響を与えるような改正項目はほとんど見当たりません。

 

あるいは、平成27年4月から法人税率が引下げ(25.5%→23.9%)というニュースをご覧になった方もおられるかもしれませんね。

ただ資本金1億円以下の中小法人については、所得800万円までは優遇税率(15%)が適用されますので、これも影響は少なそうです。

 

その他に、事業者に直接関係しない項目としてはNISA(小額投資非課税制度)の拡充がありました。以下二点がその柱となっています。

・年間の非課税上限を100万円から120万円に引き上げ。

・ジュニア(未成年)NISAの創設

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【2】マイナンバーと年末調整

 

マイナンバー制度の導入で、事業者の経理事務は様々な影響を受けると考えられますが、まず大きく影響を受けるのは年末調整事務です。

 

従業員全員(役員も含む)は、事業者に対して扶養控除申告書と言う用紙を提出する必要があります。

 

これまではその用紙に従業員本人と扶養家族の姓名・住所・生年月日を記載していましたが、これからはそれぞれのマイナンバーも記載しなければなりません。

 

年末調整が完了したら、事業者から従業員に源泉徴収票という年収や所得税を記載した用紙を交付しますが、そこにも従業員本人と扶養家族のマイナンバーが記載されることになります。

(これに伴い、源泉徴収票はこれまでのA6サイズ=A4の1/4から、A5サイズ=A4の1/2へ大きさも変更となります)

 

事業者はこれら書類について従前以上に、漏洩や紛失等がないよう慎重に取り扱う必要があります。故意の漏洩には罰則も設けられていますので気をつけましょう。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【3】6月・7月の税金と給料計算

 

○税金

・個人住民税(給料天引分)の納期特例分の納付 → 6月10日期限

・個人住民税(本人納付分)の第1期分の納付 → 6月末日期限

・源泉所得税の納期特例分の納付 → 7月10日期限

・所得税予定納税額の減額申請 → 7月15日期限

・所得税の第1期分予定納税 → 7月末日期限

・固定資産税の第2期分の納付 → 7月末日期限

 

○給料計算

・労働保険の年度更新 → 7月10日期限

・社会保険の算定基礎届 → 7月10日期限

・賞与支払届の提出 → 賞与支払から5日以内

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【4】おすすめブックレビュー

 

「カンタン!Wordpressでつくるビジネスサイト」

遠藤裕司著 ソシム社 2013年

 

ホームページ(サイト)を持つということは、例えば10年前と比較してみた場合、ずいぶんとハードルが下がってきたように感じられます。

 

ホームページ制作は大きく分けて「自分で作る」、「制作業者に依頼する」という二つの方法がありますが、自分で作る場合にワードプレスというオープン(無料)システムがあることをお聞きになった方も多いでしょう。

 

すでに一定の知識がある方で、ワードプレス操作の概要を短時間で見てみたい、時間があれば試しにサイトを立ち上げてみたいという方におすすめできる一冊です。

 

 

━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

☆★☆  馬場税理士事務所 事務所通信 2015年6月号  ☆★☆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━

 

◆あとがき

 

これまでメインで使っていたノートパソコンでトラブルが増えてきたため、新しいものに入替えました。

 

本体のセットアップからメールの設定、様々な会計・申告ソフトのインストールとデータの引越しまで断続的に行えばほとんど一日仕事という印象です。

 

しかしそれだけ手間かけた甲斐があって、サクサク動く新しいパソコンはとても快適ですね。

 

ある意味では人生で最も長い時間を過ごす相棒のようなものですから、ていねいに扱い、長く使えるように心がけたいと思います。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

----------------------------------------------------------------------

* 事務所通信のご購読について

----------------------------------------------------------------------

事務所通信は馬場税理士事務所のお客様、および当事務所とご交流いただいている皆様に配信しております。

皆様にとって少しでも有益な情報をご案内できるように努力いたしますので今後ともよろしくお願い申し上げます

 

配信先変更・購読解除をご希望の場合は次のURLからご連絡下さい。

http://bb-tax.net/category/1767177.html

 

━━━ 馬場税理士事務所 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

〒590−0031 大阪府堺市堺区五月町8番12号 大商ビル3F

TEL:072−245−9157 FAX:072−245−9158

馬場税理士事務所のホームページ 〜 http://bb-tax.net/

堺会社設立サービスのホームページ 〜 http://ep-support.net/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⇒事務所通信バックナンバー一覧へ戻る

▲このページのトップに戻る